株式会社 大喜金属製作所

問題解決事例集
解決事例

アルミだとどうしてもタップ部にヒゲバリができるんですが・・・

材料がアルミなのでどうしてもタップ部にヒゲバリができるんですが、どうにかならないですか?

こんな解決法をご提案いたします

材料がアルミなので、タップ部にヒゲバリが出てしまう可能性は問題として挙げられます。
大喜金属製作所では洗浄後、以下の写真の治具によってエアーを吹き付けます。すると綺麗にヒゲバリが飛んでいきます。
従来では、ルーペでタップ部の検査後、歯間ブラシでバリ取りをしていたのですが、写真の治具を使用することによって、タップ後のバリ確認が不必要となりました。

バリ確認が不必要

バリ取り治具に製品を設置して、エアー吹き出しからエアーでヒゲバリを飛ばします。
※エアー吹出し口が見えるよう製品をずらしています。

上に戻る
copyright Daiki-kinzoku c.,Ltd.